2007年02月24日

「ウイングメーカー3」WingMakersLLC著

ウイングメーカー1、2と読んで、ついに謎が解明されるのかという3を読みました。


「加速される自己変容」
です。
!?!?


帯に、


ウイングメーカーの謎解きは、すべてこの中にある!!


とあるので、これさえ読めばウイングメーカーの謎が解けるんかぁ〜ワクワク。

と読み始めました。
 

説明より。

シリーズ第2弾にあたる「エンシェント・アロー・プロジェクト」の公開を契機に、ウイングメーカーは更なる進化を遂げた!
 ウイングメーカー・マテリアル中、最大の華であるACIOの脱走科学者と女性ジャーナリストとのインタビューは、回を重ねるごとにより哲学的となり、その一方で不安を感じさせる程にリアリティを帯びてゆく。
 第3弾で収録されるインタビュー3&4を読むと、前回までのインタビューがフェアリー・テイル(お伽話し)とさえ思えてくるほどに読む者の心に迫ってくる。
なぜなら、インタビュー1が「BST」、インタビュー2では「LERM」が大きな主題として取り上げられていたのに対し、続くインタビュー3では、2011年に地球に襲来するというアンドロイド種族「アニムス」についての詳細に触れ、インタビュー4では真の世界の権力構造の一角を担うエリート組織「インキュナブラ」にその焦点が当てられているからだ。



↑なんかすごくワクワクする内容。

うれしいなったら楽しいなっ、と読んだんですが…。


なんか、よーわからん。


また難しくなった。


あの「ウイングメーカー2」の面白さはどこへ?

ますますわからなくなった。


しかし、興味深いことはたくさんある。


生まれる前にDNAテンプレートにイメージを入れる、というのは、「生まれる前にシナリオを書いてきた」というのを難しく科学的に(?)言っているのでは。


そして、やっぱり「多次元宇宙」だったのだ。


この言葉を読んでいる今も、あなたは多次元宇宙を通じて、数百ではないとしても数十の同時進行する現実の中で活動している。しかし、実体だけがその現実を認識できるのだ。




ウイングメーカーの音楽を以前聴いたときはよくわからなかったけど、この本を読んでから聴くと、また何か違うかもしれない。

てゆうか、この本を読むとウイングメーカーの音楽を聴いてみたくなる。


そして、聴き方があったのだ。


一曲につきそれぞれ七回ずつ踊ることを一サイクルと呼ぶことにしよう。



おおおっ。
そうだったのか。

ここを読んで私が想像したこと。

ウイングメーカーの音楽を聴きながら、一心不乱に盆踊りを踊っている自分の姿。


1曲に7回ってことは、炭坑節7回かぁ…。



日本全国盆踊り特選曲集
北島三郎 水前寺清子 阿部八重子

B00005MUA7

関連商品
by G-Tools



壁画の見方も書いてあるけど、これもよくワカラン。


ウイングメーカーのCD、DVDはヴォイスで購入できます。
↓↓↓
とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!




ウイングメーカーIII ~加速される自己変容~
WingMakers LLC shima 大野 百合子

4899760930
ヴォイス 2006-03-24
売り上げランキング : 24627
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by 有賀泰菜 at 15:04 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。