2007年01月25日

「ウイングメーカー」WingMakersLLC著

2005年、ヴォイスのカタログで知った「ウイングメーカー」。

説明を読んだだけで、ワクワクドキドキムネムネだったウイングメーカー。


あれから好奇心に勝てず、2005年5月、ついにウイングメーカーのCDを買ってしまったのでした。





ウイングメーカーCD「Hakomi Chamber 3」



ヴォイス・ウイングメーカー特集

(試聴できます。壁画も見られます)


相変わらず、ニブイ私はウィングメーカーの音楽を聴いても何も感じなかったのでした。

それでちょっと熱気がさめたというか、どうだったかそれすらも忘れていたのですが、最近フッとウイングメーカーのことが気になりだして、ついに本を読んでみました。

1年以上たって思い出すとは。
かなりニブイ。
しかし、今読むことに何か意味があるのか?
なんでも意味づけしたくなる精神世界マニア!?
 


帯より。

全世界を熱狂させた現代最大のミステリー、待望の日本語化なる!

ニューメキシコ州北部の峡谷の奥深くで、謎の象形文字の壁画が描かれた、23室の人工遺物が偶然発見される。最後の部屋から発見された1枚の光ディスクに収録されていた、西暦28世紀の「タイムトラベラー」による人類の未来に関わる重大なメッセージ。遺跡研究チームから脱走した科学者が
語る衝撃と驚愕の事実?!




表紙より。


今、封印を解かれる
驚異の古代遺跡と謎の秘密組織。
23対の染色体に対応する、遺跡の23部屋。
発掘された23章構成の光ディスク。
死滅言語シュメール語でコーディングされた文書。
人類と宇宙の根幹を超知的に記述する
ハイパー・メッセージが今、明かされる!




おおおーっ!

まるでSFみたいです。
これを映画で観てみたいです。


博士がこのジャーナリストをどうやって選んだのかはわかりませんが、適任だったと思います。
読者の疑問を、私が思っていることを代わって聞いてくれるのでスッキリします。
その答えを理解したかどうか、ということは別にして。

ウイングメーカーは今まで「天使」と混同されてきたようです。
羽のある姿(?)はこりゃ天使だわ、と思いました。
天使、見たことないけど。


おもしろいけど、むずかしい。

用語解説があるけど、それもさっぱりわからなかった。
私には「解説」の「解説」がいる。


「イベント・ストリングス」
先を読む前に、ご自身に次の質問をしてください。

は、ドキドキワクワクした。
しかし、それから先に書いてあること(ウイングメーカー・フィロソフィー)はさっぱりわからんかった。


よくわからないけど、やはり「感謝」に何かありそうだ。


最後の、
「全宇宙の至高創造主からのメッセージ」
は、これって「神」なのでしょうか?
いや神以上のもの?
「神との対話」を思いだしました。


ウイングメーカー2、3とあるようなので、ぜひ次を読みたい。
読みたくてたまらん。


ウイングメーカー
WindMakers LLC shima

4899760795
ヴォイス 2005-03
売り上げランキング : 32876
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



DVD「メディテーション・イン・タイム・スペース」




ウイングメーカーDVD「Meditations in TimeSpace」




posted by 有賀泰菜 at 11:18 | Comment(2) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
はじめまして。
いつも、楽しみにして拝見しています。

ウィングメーカーは、ミステリー物の中では新しいタイプだな〜と思いました。
音楽CDが出るとは思いませんでした。
これが未来のミュージックか〜と、心がトキメキました。
本は難しいです。
Posted by まこと at 2007年01月25日 11:52
はじめまして。
本はやっぱり難しいんですね。私は音楽もよくわかりませんでした。
Posted by 有賀泰菜 at 2007年01月25日 12:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。