2007年01月18日

「風水国家百年の計」白峰著

以前、「白峰由鵬」や「白峰聖鵬」「光悠白峰」などの名前だった人が、今度は「白峰」だけの名前になったようです。


平成18年、天啓により名前を白峰と改めたのだそうです。
今までの名前にも「白峰」というのが入っていましたが、この「白峰」はどういう意味なのか興味あります。
白山の白峰でしょうか。
だったらうれしいな…。

富士山みたいに、白山にも何か秘密があるみたいなので。
 


この本は、2006年3月と5月に行われたセミナーが基になっているらしい。

やっぱりこの人の話はぶっとんでます。
この講演会を聴くには、前もって知識(怪しい関連の)がないとわからないかもしれません。
怪しい世界専門用語(?)もみんな知ったうえでの話もよくあるみたいなので。


2008年は日本にとっての決算、2012年は地球にとっての決算日。
太陽フレアがすごく活発化していることはニュースになっているが、月の磁力が変わってきていることは一切発表されていない。月のことはタブーだから。
2007年6月6日からフレアの質が変わってくる。
現在の電磁社会(携帯電話やコンピュータ、電化製品)は空中に亜空間を作る。亜空間ができると宇宙人が地球に入ってくる。
本当の地球はこの下にある。(俗に「シャンバラ」といわれる聖地)
お金にも携帯電話にも電化製品にもチップが入っている。コンピューターのWWWは666のこと。
666は悪魔の数ではなく生命素数。
なぜ666が悪魔の数字といわれているかというと、これに気づかれたら困るから。
4、9、13など悪いとされている数は実は隠れ蓑にされている。
地球の歴史の78%は宇宙存在が動かしている。


等々。


2008年以降は、映画の内容が変わってきます。今までのように、地球を侵略する悪い宇宙人ではなく、「宇宙人は光だった」「天使だった」というような、本当の宇宙のストーリーが映画化されてきます。



ええええーーっ!

地球侵略を企む「ケロロ軍曹」も2007年までか!?


超劇場版 ケロロ軍曹 (通常版・DVD)


そして、最後のほうに、


もし、本書が理解できず、ブックオフへ行くことになっても、私は後悔しません。
・・・
ただ、書店で立ち読みだけはやめて下さい。(笑)




そして、私に興味のある方は、すべての著書を読み終えてから満月に向かって・・・
(以下略)


著者の他の本もすんごく読んでみたくなりました。
あー、読みたい。


風水国家百年の計―LOHAS・ワンネス・地球維新
白峰

4896342011

関連商品
医者いらず老い知らずの生き方
人類の発祥、神々の叡智、文明の創造、すべての起源は「異次元(スーパーナチュラル)」にあった
魂の叡智 日月神示:完全ガイド&ナビゲーション
完全ファイルUFO&プラズマ兵器 友好的エイリアンvsシークレット・ガバメントの地球
プレアデス 光の家族
by G-Tools



posted by 有賀泰菜 at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。